WebP(ウェッピー)という画像フォーマットをご存知でしょうか?

WebP(ウェッピー)という画像フォーマットをご存知でしょうか?

Googleが開発しているフォーマットで、画質を損なわず、ファイルサイズを軽量化できます。

主要ブラウザにもほぼ対応していますので、非常に便利です。

また、ウェブサイトの高速表示に繋がるため、SEOにも効果があります。

Googleは、ウェブ上においてユーザー体験の向上を図るための取り組みとして、2021年6月から「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)」を徐々にランキング要因に導入すると発表しました。この中には重視する指標としてページ表示速度が含まれています。

こうした流れからも、今後ますますWebPが普及していくと予想されます。

本記事では、JPG、PNGとの違いや、メリット・デメリット、画像の作成・変換方法などご紹介していますので、ぜひご覧ください!

Googleの公式文書(https://developers.google.com/speed/webp/)によれば、JPGより25~34%、PNGより26%も軽量化できると言われています。

ブラウザーやワードプレステーマによっては非対応もあります。

下記のサイトで簡単に変換ができるのでお試しください。

Syncer
https://lab.syncer.jp/Tool/Webp-Converter/

Squoosh
https://squoosh.app/

Photoshoの標準機能では、残念ながらWebP未対応です。

ですが、このプラグインを使えば、WebP画像を表示・作成できます。WebPShopは、Google公式のプラグインです。

https://developers.google.com/speed/webp/docs/webpshop

ちなみに

JPG=29.3kb
webp ホームページの診療所
webP=5.30kb
キャバリア ホームページの診療所
JPG=153kb
キャバリア ホームページの診療所
webP=78.2kb

といった感じになります。

NO IMAGE

ホームページの診療所

ARTRICK(アートリック)は皆様の大切なホームページの健康診断いたします。ホームページの修理、デザイン変更、SEO診断・ホームページ新規制作・ホームページ運営管理・ホームページの引越し・総合コンサルティングなど細かなことでもよいのでまずはお気軽にご相談ください。【横浜・東京】を中心に活動をしておりますがもちろん横浜・東京以外でもお声をかけていただければ日本全国行動可能です。